腕時計のベルトは革製や金属製のものなどがあります。機能性で選ぶこともできますし、好みや直感、コーディネートに合わせて選んでいくのも良いでしょう。革製と金属製は見た目や雰囲気が違いことはもちろん、機能性なども異なっています。また、自身の手に合わせて素材を選んでいくのも良いでしょう。金属製は力強い印象を与えるタイプであり、活動的というイメージもあります。スーツ着用のビジネスシーンなどで使いたい場合はこちらが良いでしょう。革製は知的で柔らかいイメージを与えるということです。革バンドは靴やアクセサリー、バッグなどと合わせることにより、統一感のあるコーディネートを楽しむことができるでしょう。時計ブランドの中には靴やバッグなどを取り扱っているところもあります。

ベルトを選ぶときのポイントについて

手の形や腕の形の違いでバンドを選ぶという方法もあります。手が小さい人や指が短い人は一般的に革バンドが合っているとされています。革バンドは柔らかいイメージがありますし、さらに可愛らしい印象になるでしょう。手が大きい人や腕や指が長い人などは金属バンドが適しています。もちろん見た目の好みによって選んでも良いのですが、自身の手や腕の形を確認してみるのも良いでしょう。ちなみに、革バンドと金属バンドはお手入れの手間についても変わってきます。金属バンドは長持ちすることが特徴であり、お手入れにそこまで気を使う必要はありません。使用したら乾いた布で汚れを拭き取るだけで良いですし、汚れが酷い時は歯ブラシなどで擦って綺麗にすると良いでしょう。お手入れに時間をかけたくない人におすすめです。

革ベルトはお手入れに時間がかかる

金属バンドは長く使うことができますが、金属なので冬は冷たくなりますし、夏には熱くなります。また、革バンドと比べて重いという特徴もあります。革バンドはデリケートなのできちんとお手入れを行う必要があります。しっかりお手入れをしないと交換する時期が早くなってしまうこともあるので注意しましょう。革バンドは汗やほこり、湿気などに弱いですし、汗などで濡れたまま放置するのは良くありません。きちんとお手入れしないと劣化が早くなりますし、すぐに交換することになってしまいます。革バンドの腕時計を使ったらきちんと汗を拭き取り、通気性の良い場所保管しましょう。しっかりお手入れをすれば1~2年は使うことができます。革バンドを購入する場合はお手入れのことも考えておきましょう。