時計のベルトは初めて交換するという人も多いでしょう。自身のアイテムにきちんと合っているものを探すことは難しいと考えている人もいるかもしれません。その場合は初めての人でも失敗しないポイントを知っておくのがおすすめです。どんなに見た目の良いものでも持っている時計にきちんと取り付けられなくては意味がありません。交換するパーツのサイズはぴったりなものを選ぶようにしましょう。まずはラグ幅のチェックがポイントなのですが、これはベルトと本体が取り付いている部分のことです。パーツの両端をはさむように本体から2本の爪のようなものが突き出ているでしょう。これをラグと呼んでおり、2つのラグの間隔をラグ幅と呼んでいます。ラグ幅は普通の定規で測ることができます。

ラグ幅と尾錠幅のチェックも大切

ラグ幅はメンズなら18mm~24mm、レディースなら8mm~15mmくらいが一般的とされています。基本はピッタリサイズのものを選ぶようにしましょう。ラグ幅を測ったらそれと同じサイズのものを見つけることがポイントです。小さいと取付け部が緩くなってしまいますし、大きいと取り付けにくくなってしまいます。合わないサイズのものを無理につけようとすると傷つけてしまうこともあるので注意しましょう。しかし、気に入ったデザインのバンドに希望のサイズがない場合、1mm上のサイズを選ぶのがおすすめです。また、持っている時計に付いている尾錠をそのまま使いたい場合、尾錠幅もしっかり測っておきましょう。商品の詳細ページにラグ幅と尾錠幅の両方を記載しているショップなどもあります。

さまざまな素材があるので好みに合わせて

時計ベルトを選ぶ時には素材もチェックしましょう。主に皮革と金属、ラバーという3つの種類があるため、自身に合っている素材を選ぶことがポイントです。たくさんのブランドやモデルがあるため、最初はどれにしようか迷ってしまうかもしれません。バンドだけなら本体を購入するより値段がかなり安く済みますし、いろいろなバンドを購入して付け替える楽しみもあります。初めての人は難しいと感じるかもしれませんが、慣れてくるとベルト交換も簡単になります。自身で交換したい場合は正しい方法や工具の使い方を知っておくと良いでしょう。このパーツもファッションの一つと考えることもできますし、洋服と同じように気分やシーンに応じて使い分けることができるのです。予算の範囲でラインナップを増やすと良いでしょう。